09月04日

嗚呼、疲れる家族旅行

先日、夏休みの最後とに和歌山の白浜に家族旅行に行きました。

朝7:30に出発したのですが、日ごろの行いが良いのか、
どしゃ降りの雨に見舞われて前途多難な出発となりました。

変なもので車で走り出して少しするとすぐに雨は上がり
次第に太陽が顔を出し、夏空に変わってきました。
高速道路も含めて約2時間半ほど走ると海岸線が見えてきました。

8月末にもかかわらず、大勢の海水浴客がいて驚きました。
さらに海岸線を30分位走っていると、
魚の絵が描かれた大きな建物が見えました

何かなと思っていたのですが 『とれとれ市場』 という
巨大な海鮮物の市場とお土産屋でした。

その道向かいにあった食堂で昼食を取り、
(写真はまぐろ丼 600円。美味しかった。)

ちょうどお昼位にホテルに着きました。
チェックインを終え、やっとゆっくりできるかな?
と思うまもなく子供とプールだと遊ばされ、食事が終わっても露天風呂に卓球、
ゲームセンターなど何度も何度も連れて行かされ、
ゆっくりしたのは嫁だけかなと怒りも湧き起こってきましたが、
日ごろの行いの償いと、家族サービスだと思い、ぐっ!と我慢でした。

帰りは千畳敷という所など、色々回り、

また約4時間の岐路につきました。
くたくたになった夏の旅行でした。 (T.Y)

2007年9月 4日 13:11 | 思い出| トラックバック (0)

09月07日

一蘭上陸!!

オフィス仲介暦約○○年のN.Yです。
とうとう私の番がきました・・・・

なにを書こうかと悩みましたが・・・
先日行って参りました。
そお・・噂の一蘭に!!

本場九州の味を堪能してまいりました。

大阪支店R.Rが言うとおりまさに絶品!!!

皆さんもいかれてみては。  (N.Y)

2007年9月 7日 11:06 | 評判のお店(お薦めのお店)| トラックバック (0)

09月10日

継続は力なりとは・・・ホントです。

はじめまして 今月から担当になりました K・Y です。
人生での初ブログです以後よろしくお願い致します。

早いもので私も入社から10年以上が過ぎ、営業マンとしての
成長とともに体も大きく成長し入社時56キロだった体重がなんと
今年正月明けにはなんと75キロオーバー!・・・これはマズいマズすぎる。

どおりで10数年ぶりに会う友人には敬語で本人はどうか確認されるはず!
世間で言うところのメタボなんですこれが・・・

そこで毎週土日に1周約3キロの長居公園を
3、4周ウォーキング&ジョギングするようになりました。
数年ぶりの運動はきついですが清々しい気持ちになります。

ようやく体重がもう少しで67キロへ突入というときに世界的大イベント 
そうそうなんです世界陸上開催、公園が人だらけ、規制だらけで走れない

まっいいかとなにもせず3週間がたち気づいた時には
目を疑うかの72キロなんと3週間で5キロも戻ってしまった・・・

世界陸上をテレビ前で応援し何もしなかった私には散々な結果が・・・
継続は力なりとはほんとその通りです。

コツコツとせなダメですね ほんま 先週よりまた走り始めています。
このブログ担当の間にどれだけ落とせるか課題にしたいと思います。

また報告させていただきます。〈K・Y〉

2007年9月10日 12:18 | 大阪支店こぼれ話| トラックバック (0)

09月14日

芸術の秋

これまで絵画なんてものにまったく興味がなかった私ですが
大阪で花博が開催されたときにミケランジェロの
最後の審判のレプリカ作品になにかすごく感動し、
それからたまにですが西洋絵画に興味をもち
美術館に訪れることしばし。

私は個人的にはバロック・ルネサンス時代の画家が好きです。

ダウィンチやフェルメ−ルやボッティチェリやラファエロなどなど、
この時代の作品は依頼主の関係から宗教画などが多く
絵の中に画家のストリーが強く感じられ非常におもしろいです。

その中で世界各国の美術館に所蔵されている
絵画の代表作品が1000点近くが一度に観賞できるところが
大塚国際美術館(徳島県鳴門市)です。

今から10年前に完成しビル建物も変わっており
構造が地下5階地上3階建で地下の方が多いのです。
建物は小高い山のようなところに地下を掘って造られています。
高い建造を建ててはダメなようです。

入館料金は大人3150円と一般の美術館に比べると
倍ぐらいですが料金については見終えるころには安く感じると思いますよ。

そこでまず最初に入館(地下5階)し
エスカレーターで(地下3階)上がったところに
実物大のシスティーナ礼拝堂の最後の審判があります。
これを始めて見た時は鳥肌が立ちました感動と迫力にびっくり!

ファイルをダウンロード

ファイルをダウンロード

現在はオ−プン10周年に天井画のすべてを完成し
完全なシスティーナ礼拝堂が復元されています。
他にも私の大好きなダウィンチの最後の晩餐、受胎告知、岩窟の聖母などなど。

私がむかし訪れた時は気付くと3時間ぐらい観賞していましたが、
じっくり見れば一日以上かかりそうです。

次回はB2階のルネサンス〜バロックにご招待。
お楽しみに。                      (D.O)

2007年9月14日 10:38 | 大阪支店こぼれ話| トラックバック (0)

09月19日

まだまだ ’アツイぞ!’関西・・・・・と我が家のベランダ

9月も中旬になり、気がつくとセミの鳴き声も気にならなくなり、
日中はまだまだ暑い日もありますが、朝、夕はかなり過ごしやすく、
オフィスビルが立ち並ぶ大阪のビシネス街の中心である御堂筋の名物
イチョウ並木がだんだんと色付きだすのも、そんなに先のことではないなーと
思われるこの頃ですが、

まだまだ夏真っ盛り!’アツイぞ!’我らが阪神タイガース。

現在(9月18日)首位。

先日も甲子園球場に応援に駆けつけたんですが、その日は浜中の2ランで快勝。
このまま日本一まで突き進むのを信じ、まだまだアツイ!日々が続きます。

少し興奮してしまいましたが、今年の夏は私の長男(5歳)と家のベランダで
ゴーヤの栽培を試みました。

マンションのベランダが西側にあり、西日をモロに受けるからか、
あるいは、根本的に育て方が間違えていたのか、育つには育つのですが、
ヒョロヒョロで実が付く気配はまったく無く、子供の興味もだんだん薄れていき、
ほぼあきらめていたんですが、8月末ごろから阪神の勢いと同じように、
急に元気になりだし、葉っぱはベランダの窓一面を覆うようになりました。

9月に入ってしばらくすると、初の花が咲きました。
小さいですが、実のようなものもついてます。

ゴーヤとしては少し季節はずれの様なきもしますが、
この季節はずれの実が初収穫出来る時には
阪神がリーグ優勝を決めてるころだと信じています。
阪神ファンと我が家のベランダはまだまだ ’アツイ!’日々が続きます。


                                         阪神ファンの T.Y

2007年9月19日 12:56 | 大阪支店こぼれ話| トラックバック (0)

09月21日

釣れた?(大阪版)

秋やというのにまだまだ暑いですね〜
・・・・書くことが・・・・・
・・・・オフィスビル・・・・・
・・・思いつきません・・・・

どうしようかと思って色々インターネットで調べていると・・・
有りました!!三○商事(株) 名○屋支店のM・K様のブログが!!
そおパクリました・・・

先日、日本最大の湖び○わ湖に行って参りました。
そお、バス釣りです。
10数年び○わ湖には毎週かよってます。
でかいバスのみをねらって!!

久々に出ました!!56cm!!
メタボリックなビックバス!!!

この日は満足して帰宅しました。

今週もがんばるぞ!!  N・Y
 
  

2007年9月21日 10:31 | 思い出| トラックバック (0)

09月26日

もし 神戸に来られたら

2週間ぶりの登場です。
2週間ぶりなのでブログに書くことがたくさん・・・・・・・・・ない。

見つかんない、どないしよ、大変や!!なにを書こうか・・・
ん・・・  ん・・  んっ! そうだ!  ということで、

三鬼商事はオフィスビル仲介の専門会社、
営業マンによっては担当エリアを持っています。
そう私ことK・Yは神戸も担当なんです。

普段はネクタイを締めスーツを決めてオフィス街を歩いていますが、
たまには息抜きも必要ということで、
私のちょっと心のやすまる場所、それが元町駅近くの南京町なんです。
オフィス街のすぐ隣にあるので、ひょいっと行けます。

たくさんのお店が並び、おいしそうなニオイがプーンと、
食べ歩きや買い物している観光客、修学旅行生の中、
スーツにカバン姿のオッサンがまあ変ですけど、

神戸へ観光にまたはお仕事に来た際には一度寄られて見てはと思います。
横浜の中華街へは行ったことがないので規模はわかりませんが、
元町は規模がそれほど大きくないのですぐにまわることが出来ますので。

もしくは、よく大阪支店のブログで紹介してます神戸元町別館牡丹園も
お近くにございますので是非お立ち寄り下さい。こちらが本店です。

また神戸の港町らしい景色を見ても心安らぎます。
ちなみにこちらは神戸駅周辺です。

仕事中になにを と思われるかも知れませんが人間ですもの。 たまには ねぇ。
これで心リフレシュ! 仕事がんばるぞと!・・・・

けど 休日にネクタイなしで来れるようにもせなともアカンなぁと近頃思う
30半ば独身奇族のK・Yでした。


2007年9月26日 12:45 | 大阪支店こぼれ話| トラックバック (0)

09月27日

西洋絵画ルネサンスへようこそ

大塚国際美術館B2階に
ルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの作品があります。

彼は天才であれがゆえに完璧主義で数えるほどの作品しか残っていません。
その天才と言われる由縁のひとつとして
ダヴィンチが20歳すぎ時に師匠であるヴェロッキオとの共同作業において
キリストの洗礼の一部左の天使像、風景、キリストの一部を
描いたそうですが師匠が描いた他の人物よりあまりの完璧な仕上がりに、
師匠は筆を擱いたそうです。
本当かどうかは疑問ですがこの作品以降に
ヴェロッキオの描いた作品は見つかっていないそうです。

その同時期に描かれたのがダヴィンチの処女作品とも言える受胎告知です。
大天使ガブリエルが聖母マリアにキリストを受胎したことを告げるのシーンです。
今年春に東京国立博物館にフィレンツェのウフィツィ美術館から
やってきていましたが、わずか3カ月間ほどで50万人の入場者があったそうです。
私も行きたかった・・・残念どうして関西にはやってこないのかな?

その他の代表作がイタリアミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の
食堂の壁画最後の晩餐です。
イエスが最後に弟子たちと食事を共にし、ユダの裏切りの一瞬を描写した模様で
観た瞬間ドキドキし見入ってしまいました。

又パリのルーブル美術館のモナ・リザも代表的な作品です。
この作品も未完成と言われておりダヴィンチが亡くなる最後まで
手元においていた作品のひとつです。

ダヴィンチの作品は絵の中にたくさんの
ストーリーが隠されており、ものすごく興味深いです。
だからこそ小説になったりダヴィンチコードなど映画化になったり
非常に魅力的な絵画だと思います。

まだまだルネサンス・バロックへ続く・・・・・・・・

                                  (D.O)

2007年9月27日 19:06 | 大阪支店こぼれ話| トラックバック (0)