04月01日

大阪再開発

寒い冬が過ぎ、日に日に暖かくなってきました。
花粉が舞う季節になり花粉症の方にはお困りな時期ですが、
桜の開花も所々で出てきて、オフィス仲介業者としては
街を歩くのが楽しい季節になっていきました。

そんな小春日和の中、大阪のメインストリートの御堂筋を歩いていましたら、
淀屋橋の駅上「愛日小学校」跡地に新しいビルが出現していました。

多くの金融機関、行政機関、名だたる企業が
居を構える大阪を代表するビジネスエリアに
「淀屋橋プロジェクト」として再開発した「淀屋橋三井ビルディング」と
「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」が竣工していました。

最高水準のビルスペックとショッピングゾーンをあわせ持つ
ランドマークビルを見ながら時代の流れを感じました。

私が入社した20年前。期待と不安を抱えながら右も左も分からずただ、
走り回っていた時代で淀屋橋と言えば大手企業が多く、
1階は金融機関が連なっていて
何となくビジネスの中心でお堅いイメージがありました。

しかし、その小学校の跡地には最新の複合ビルが竣工し、
地下1階から地上2階までを商業ゾーンとしてオープンします。

ブランドショップやおしゃれな飲食店の店舗が入り
名称が「淀屋橋odona」。「驚き」と「大人」から発想した造語との事です。


小学校が建っていた頃から見ている私としてはまさに「驚き」です。
お堅いイメージからくつろぎと賑わいのある街になってくるような予感がします。

また、今年の秋頃には西梅田に大人が集い、語らい、くつろぐなどを
新しい文化やライフスタイルを創造する都市空間をテーマに
「ACTIVE/RELAX」というコンセプトでサンケイホールが入居していたビルが
「ブリーゼタワー」として竣工します。

最上階にレストランが入居し地下1階から地上6階までを商業ゾーンになります。
7・8階には1952年に開場し、大阪の劇場文化として賑わった「サンケイホール」が
「サンケイホールブリーゼ」として誕生します。


今後も梅田を中心に大型再開発プロジェクトが計画されています。
新しい街並みが拡がりつつ以前からの街並みと共存して
いろいろなライフスタイルが楽しめそうな大阪のオフィス街になりそうです。


振り返れば入社して20年。当時は平成バブル景気の真っ只中。
当時コマーシャルでは
「24時間働けますか。」や「5時から男」などの流行語がありました。

賑わっていく街並みを眺めながら、
昔のように仕事も遊びも楽しめる日々を過ごせそうな予感がします。
さてっ、自分は「24時間・・・・。」か「5時から・・・・。」どちらになるのでしょうか。


                                             M.D

2008年4月 1日 08:54 | 話題のビル(大阪エリア)| トラックバック (0)

04月07日

トムズダルマー

長く夫婦をやっているとだんだん似てくるというのは、本当でしょうか?

我々夫婦は海外に旅行に行くと、
知り合った外人さんによく笑われるという経験をします。
微笑まれているのならまだいいのですが、
どう見ても完全に笑われているのです。

"何が可笑しいの?”と聞くと、
たいてい“お前らは双子のようにやることなすこと同じだ”と返ってきます。
“ついでに顔も双子みたいで見てると面白い”


・・・いや全く似てませんけどぉ。


「これだから外人さんは・・・日本人は全部一緒に見えるに違いない」
なんて言って、日本に帰ってきてひさしぶりに会う友人に
お土産でも渡しに行くと、“あれ?何か似てきたね”だって。


・・・いや全く似てませんけどぉ。


今年、心斎橋のクラブクアトロという
小さなライブハウスにスザンヌ ヴェガが来てくれました。
こんな小さい空間で“ルカ”や“トムズダイナー”が聞けるなんて。

しかも私と妻は頑張って最前列のど真ん中をゲット!
これ以上ないという至福な時間・・・。

ただスザンヌさん、
かぶりつきで見ている我々をちらちら見ては、何かにやにやしています。

“あれ?”と思って妻を見ると、
確かに私と同じところでコブシを上げ、同じところで拍手をし、
同じところでヒューヒューとか言ってます。 

おお確かにマナカナ状態ではあるなぁ。

ライブの後、スザンヌさんはサイン会までやってくれたのですが、
2人揃って“わーいサンキュ〜”とか言いながらサインを貰いに行くと、
スザンヌさんはもう我慢できんという感じで
“うぷぷぷぷぷぷ〜”と笑い始めました。

微笑まれているのならまだいいのですが、
どう見ても完全に“また出たか〜”って感じで笑われているのです。
ニューヨークを代表する大スターにまで、受けてしまって、名誉なのか恥なのか。
ただサイン会は我々夫婦のおかげで盛り上がったらしいです。

帰り道しみじみ日本人体形の妻を見てみると、
双子というより だるまが並んでいるみたいで面白いのかもと、
ますますしみじみしましたが、それじゃ私も だるまということですね。    T.S
                               

2008年4月 7日 12:54 | 大阪の街| トラックバック (0)

04月14日

僕の海水水槽

1月の続編でまたまた水槽のご紹介をしたいと思います。

今回は悲しいお知らせで、前回でご紹介した魚たちは
すべて全滅☆になってしまいました。


かなりのショックで水槽クリーナー用に飼った貝と
ヤドカリのみの水槽でほったらかしの状態でしたが
水槽のガラス面に藻が生えたいままでリビングに置いている
水槽は視界に入れるにはあまりにもひどい状態に・・・

ショックから1ヶ月がたち気をとり直し水槽を掃除
きれいになったらなんだかやる気が復活して
ひとまず失敗をもとに魚は1匹(カクレクマノミ)だけでサンゴを
入れることに、とは言っても取り合えず3種類を
水槽に入れて様子を、本当はここで水質のチェックを
しないといけないんですが、魚も元気で1ヶ月が過ぎ

熱帯魚屋に行くと出会ってしまいました。
普通より黒いラインがきれいなフレームエンゼル
入荷したてだったのですが即購入、もう一匹は子供も
大好きなカクレクマノミを買って水槽へ


これはフレームエンゼル、がんばって長生きしてくれよ!


サンゴ 左がトランペットコーラル、右がナガレハナ、蛍光グリーンが
すごいきれいです。
ただ嫁には気持ち悪いと不評ですが・・・


次回のブログ担当までなんとか良い状態をキープして
きれいな映像をお届けします。

Y.A

2008年4月14日 15:19 | お気に入り| トラックバック (0)

04月21日

久しぶりの西洋画ですよ

最近テレビコマーシャルのシリーズで西洋画を使った作品があり、
それがシリーズでつづいているのを発見しました。
そのCMの会社は堺に大きな工場を建てている会社で、
女優の吉永小百合が出ているCMです。

ぼくが最初に観たのはジョルジュ・スーラの「グランドジャット島の日曜日の午後」

点描画で点の集合で描かれています。
実はこの絵がいつでも鑑賞できるところがあります。

なんばウォークを西に歩いていくと
四ツ橋線のなんば駅近くまできたところの北側に飾ってあります。
もちろんレプリカですけどね。
その他にもゴーギャンやモネやルノアールなど
シカゴ美術館肖像の作品が多く飾られています。
興味のある方は近くまでいかれたら雨の日でも寒い日でも地下街なので安心ですよ。


その次に観たのがフィンセント・ファン・ゴッホの「夜のカフェテラス」です。

ゴッホはオランダ生まれで今では考えられませんが、
生涯で1作品しか売れない貧乏な画家で一生を終えたと言われています。
金銭面では弟が仕送りを行っていたようです。


その次に観た作品が現在放映されているのが
ヨハネス・フェルメールの「真珠の耳飾の少女」です。

代表的な作品ですが青いターバンの少女とも言われた作品で
特にフェルメールは青色にこだわりを持っていたようで
非常に高価な絵の具でラピスラズリという鉱物で
当時は金よりも貴重だったそうです。

フェルメール・ブルーと言われるぐらいに、
ラピスラズリをふんだんに使うことが多かったようです。
そのためかフェルメールが亡くなったときに多額の借金があったようです。

次はどんな作品が登場するのでしょうかね?

                                       (D.O)


2008年4月21日 12:19 | 大阪の街| トラックバック (0)

04月24日

皆様、是非一度ご賞味くださいませ。

先月、食事に大阪北区の梅田にある広東料理老舗、
別館牡丹園に食事に行ってきました。

数種類の料理を頂きましたが中でも特に「牛肉のレタス包み」は絶品でした。

なんでも、日本で先駆けこちらの店が創作された一品だそうです。
多分このお店でないと味わえない美味かと思います。

お店の場所は大阪市は北区で
梅田センタービル西向かいのエストエッジビル4Fにあります。
ランチもやっているようです。

料金的には少し高いかもしれませんが贅沢したような至福の時が過ごせるかと。
一度、ご賞味されては? 

〈H.F〉

2008年4月24日 18:02 | 評判のお店(お薦めのお店)| トラックバック (0)

04月28日

今年はめっきり春の季節が
例年より華やいでいるように感じられるのは気のせいでしょうか?

春休み、子供と近所にある川のほとりに桜を見に行きました。
自転車で15分くらいのところにあり、
途中でたこ焼きとビールを買って行きました。

もうすでに、川の周りの町内会の人たちが
バーべキューの用意やシートを敷いて準備に追われていました。

僕たちは周りから匂ってくる焼き鳥やフランクフルト、
子供たちが喜んで走り回って遊んでいる叫び声に花見やーと満喫しました。
土手に座りながらのささやかなたこ焼きも最高でした。
やっぱり春はいいですね。
そして、花や、川や、鳥たちも自然はいいものです。

そういえば江坂のオフィスビルの横の空き地に
花が咲き乱れていました。おもわず、携帯カメラでシャッターを切りました。
菜の花でいっぱいになった黄色い畑に心が癒されました。

皆さんも今だけの季節を楽しんでください。
もうすぐゴールデンウイーク。
ごく身近な自然とふれあうのもいいのでは・・・・たとえ一輪の小さい花でも。


              (M.M)


2008年4月28日 11:32 | 大阪の街| トラックバック (0)