06月04日

虫歯予防デー

虫歯予防デーという事で、

今日は甘いもの好きのあなたへ朗報です。
甘い物を食べたい、でも虫歯になりたくない、そんなあなたにぴったりの甘味料
キシリトールを紹介します。

キシリトールとは?
白樺や樫などの樹木から採れるキシラン・ヘミセルロースを原料とする
天然の甘味炭水化物です、砂糖と同じくらい甘く、
溶解時に熱を奪う効果があるため、
甘さには清涼感が付与され、さわやかな清々しい味わいが特徴です。

キシリトールの能力
?、キシリトールの成分は虫歯の元になる歯垢(プラーク)を作りません。
?、キシリトールは肥満の原因にはなりません。
?、虫歯はミュータンス菌(虫歯の原因となる代表的な細菌)が作り出す
   酸によって歯の表面の成分が溶け出すことによって始まりますが、
   習慣的にキシリトールを摂取することで、ミュータンス菌の活性が弱まり、
   増殖を抑制し、菌数も減少します。
?、唾液の分泌を促進します。

すごいでしょ。

過信は禁物
一般に市販されているキシリトール入りのガムやキャンディーは、
そのお菓子にキシリトールが含んでいるだけであって
他の甘味料が入っていないとは限りません。

市販のお菓子のほとんどが、何種類かの甘味料を組み合わせて
甘味を出しています、従ってキシリトール入りのお菓子を食べたからといって、
虫歯予防になるとは限りませんよ。気をつけてくださいね。
もし、どうしてもキシリトール100%のお菓子がほしい方は、
歯医者さんに行けば買えるようです、ちょっと高いかも?、


体への安全性もOKです。厚生省より食品添加物として認められています。
国連組織であるJECFA、FAO(国連食品農業機構)、
WHO(世界保健機構)などでもキシリトールの安全性が公表されています。

これであなたもキシリトール通ですね。

最後に、やっぱり虫歯予防には食後の歯磨きですよね。 
     
                                        (K・.F)

2008年6月 4日 00:00 | 今日は何の日| トラックバック (0)