06月14日

外タレ来ませんなぁ

震災の後、海外アーティストのライブの中止がまだまだ続いていますね。我々が普通に過ごしているこの国が、
ちょっと顔出すのも恐ろしいお化け屋敷みたいに思われているのでしょうか?
悪魔崇拝のヘヴィメタル勢まで日本を怖がって来日中止とは何てことでしょうか。

大阪でも、海外組のキャンセルが続きライブハウスもホール系もスケージュールがスッカスカで、
その内ライブハウスやイベンターが潰れてしまうのではないかと思うと心配でたまりません。
これも2次災害というやつではありませんか。


私もすっかりアフターファイブの予定が減ってしまって、
仕方なく仕事に精を出すはめに・・・、いやこれこそ好機とばかり張り切って増量で仕事をしております。
某ラヴィーン嬢など、私の愛妻が見たがっていたので、
私も“ヘイヘイユーユー”と仕方なく歌をマスターしてライブの準備に励んでいたのに、
1週間前に突然の中止。もう震災から2ヶ月以上経っているんですけど・・。
プロアクティブを買い足しに来なくてお肌は大丈夫か?とこっちが心配になります。

そんな中、予定通り来日してくれるアーティストはやっぱり嬉しいですね。
震災後に真先に動いてくれたジェーン・バーキンや、周囲の反対を押し切って
ツアー回って義援金を集めまくったシンディー・ローパーの大活躍がやっぱり嬉しいですが、
震災後すぐ取りあえず予定通り来日して大阪だけライブをやって
“取りあえず来た。東北や東京に何ができるかこれから考える”とナイスなMCをかましたスラッシュ、
余震の続く関東でも人間ピラミッドをばっちり決めたというカイリー・ミノーグは大阪でも非常に感動的なライブをしてくれましたし、
癌をカミングアウトしたばかりで放射能は平気だと自虐ネタを披露しながら客を踊らせまくったナイル・ロジャース、
震災なんて全く関係なく鬼のようにギターをかきならして風のように去っていったウィルコ・ジョンソン、
“この時期に来日中止をする奴なんて信じられない、こんな時こそ音楽で元気になってほしい”とよくぞ言ってくれましたのMCで、
皆泣き笑いで盛り上がった感動的で楽しかった

GO!TEAMと素晴らしいイベントもまだまだたくさんあって、
たまには仕事を早く切り上げてそわそわしている私であります。
T.S.


貸事務所 貸ビル オフィス探しのサイト-三鬼商事株式会社

2011年6月14日 10:57 | 無題| トラックバック (0)